前へ
次へ

パーマをかけたときこそ正しくヘアケアをしよう

せっかく美容室でパーマをかけても、正しいヘアケアを行わなければキレイな状態を保つことができなくなります。
時間が経過しても美しいウェーブを維持できるように、パーマをかけたときは適切なヘアケアを実践しましょう。
パーマをかけた後、ウェーブを長持ちさせるためには、髪を乾燥させないことが重要なポイントになります。
パーマをかけたときは、2日ほどシャンプーを避けることが大切ではありますが、トリートメントで保湿をすることは重要です。
シャンプーをしなくても、アウトバスタイプのトリートメントをつけて髪を保湿することで、パーマを長持ちさせましょう。
もちろん、パーマをかけてから2日ほど経てばシャンプーすることが可能です。
ただし、シャンプーとトリートメントを行った後は、頭皮を中心にドライヤーで乾かしましょう。
そして、髪が完全に乾いたところでベッドに入れば、パーマヘアのダメージが防げますし、ウェーブが長持ちしやすいと言われています。

Page Top